ののちゃんちイベント情報

「ののちゃんカレンダー2016」をお譲りいたします。

毎年ご好評いただいております「ののちゃんカレンダー」ですが、本年も遠方の方に向けてお送りする事となりました。

基本的には昨年までと同様で、切手を封筒に入れてお送りいただくか、銀行振り込みにて対応させて頂きます。

 

価  格:1部240円(切手郵送の場合は246円)

送  料:(切手、振込とも同じ)
1冊・・・・・・・・・180円
2冊・・・・・・・・・215円
3冊・・・・・・・・・300円
4冊~10冊・・・360円
11冊以上・・・・別途

郵送、振り込みのどちらの場合でお申込みの場合も、
住所、氏名、電話番号を事前に下記アドレス宛に送信をお願いします。

ののちゃんちアドレス
住所等の記載ミスで、お届け出来なかった場合に連絡させて頂きますので、連絡が取れる状況にしていただけると助かります。

 

【申し込み方法 詳細】
A.82円切手を金額分(送料含む)をたまのの企画宛に郵送

(例)
1)1部の場合は246円+送料180円で82円切手3枚と180円分の切手を郵送
2)4部の場合は246円×4部+送料360円82円切手12枚と360円分の切手(120円切手を3枚)を郵送

宛  先
〒706-0002
岡山県玉野市築港2-1-11 3階
NPO法人 たまのの企画

(電話:0863-31-2170)

 

B.下記口座へ振込み

※振込手数料はお客様負担になります。
楽天銀行 第二営業支店
普通 7031268
名義 特定非営利活動法人 たまのの企画
トクヒ)タマノノキカク
(例)
1)1部の場合は240円+送料180円=420円
2)4部の場合は240円×4部+送料360円=1320円

振り込み人名義と送り先の名義が違う場合はその旨もメールにてご連絡ください。確認が取れない場合本当に困りますので、お願いします。

 

集まりました切手につきましては、返信用に使用する他、今後の運営費としての協賛金として使用させて頂きます。

また、当NPO法人は現在ボランティアスタッフにて運営しており、郵送までに時間がかかる場合がありますので、その点ご理解頂ければと思います。

最後になりますが、「たまののミュージアム」でもお譲り出来るよう準備をしますので、玉野市内へお越しの方はたまののミュージアムでスタッフにお声がけください。(ちなみに完成は11月下旬予定です)

たまののミュージアム 0863-31-6131(10:00~19:00 水曜休)



「たまのののののちゃん」と「たまのののののちゃんプラス」を更新しました。

いしい先生が「たまのの企画」に描き下ろして下さっている「たまのののののちゃん+プラス」と、玉野市の広報誌へと書き下ろしてくださっている「たまのののののちゃん」の2作品を更新しましたので、ご覧ください。

今回の「たまのののののちゃん+プラス」にて話題になっている「宇野みなと線」は岡山ー玉野を走る「宇野線」が本当にこの愛称に決定していて、また「備前田井(びぜんたい)」という駅も実際にありますよ。

たまのののののちゃん

次回更新までの期間限定公開ですので、お早目にどうぞ。



「たまのののののちゃん+プラス」を更新しました。

今回の「たまのののののちゃん+プラス」は現在玉野市の抱える問題を笑いにしたものなので、玉野の事をわかっている方にはわかる四コマとなっています。

 

たまのののののちゃん+プラス

ちなみに、現在玉野市の市民病院は赤字を抱えていて問題になっていたり、
作中に出てくる「メルカ」は玉野市内では一番大きなショッピングセンターですが、色々問題?話題の多い施設だったりします。

 



「たまのののののちゃん」と「たまのののののちゃんプラス」を更新しました。

いしい先生が「たまのの企画」に描き下ろして下さっている「たまのののののちゃん+プラス」と、

玉野市の広報誌へと書き下ろしてくださっている「たまのののののちゃん」の2作品を更新しましたので、ご覧ください。

現在掲載している四コマ漫画は次回掲載までの期間限定となりますので、お早目にどうぞ。

 

たまのののののちゃん

 



【高畑 勲監督来場!】

なんと!スタジオジブリ等で数多くの有名作品を監督、プロデュースしてこられた『高畑 勲』先生が、本日「ののちゃんち」の見学に来てくださいましたよ!!

スタジオジブリより映画化された『ホーホケキョとなりの山田くん』は、いしい先生の4コマ漫画「となりのやまだ君」が原作となっている事から、プライベートで来場して、色々とお話をさせて頂きました。

高畑勲監督inののちゃんち
数多くのエピソードを聞いていると怖い人なのかと緊張していましたが、とっても気さくな方で、色々とお話を聞かせてもらうことができました。
中でも、いしい先生とは面識もなく、一度も会った事がないという事に非常に驚かされました。

週末のみの開館となり、ご来場頂けない方も多いかと思いますが、今後も少しつづ展示を充実させて行けるよう頑張りますので、まだ来られたことの内方は一度遊びに来てみてください。

サインをする高畑監督

 



最近の投稿

月別アーカイブ